Ivan DolacとStari Grad  フヴァル島の小さな街へ

フヴァル島に到着し、今回はすぐにIvan Dolacという小さな街に一泊しに行きました。
スーツケースはホテルに預け、大きめバッグに水着を忘れずに109.png、レンタカーで移動です。実はテレビでも紹介された、苫屋さんという、日本人女性が営む民宿があるのです!2年前もお世話になり、自家製ワインやオリーブオイルを本当に美味しくいただきました。

フヴァルのダウンタウンから、6キロ程度のところにラベンダーで有名なBrusjeという村があります。
ここではラベンダーの草原とアドリア海をセットで臨むことができ、みんな車を止めて撮影したり、花を摘んだり。

d0257405_08413169.jpg
自転車やバイクのライダーも多いです。
カリカリに乾燥し、外気は40度近い暑さなので、水分補給を忘れずに。

途中、Stari Gradという古都を通りました。

喧騒から離れた、静かな観光地という印象です。

d0257405_08440175.jpg
こちら、なんてことはない中庭ですが、この近くにもちょっとした見所が。

詩人Petar Hektrovicの自宅を公開しています。彼は庭を散策し、思索にふけっていたとか。

小さな受付があるだけなので見落としそうですが(受付の女性と近所のおじさんがずーっとおしゃべりしていて、すごくフレンドリー106.png)なかなか美しい邸宅跡でした。
d0257405_08525244.jpg
こちらにはクロアチアの美味しいものを扱うデリの、Za Pod Zubという店があって、我が家はヴィネガーやハーブの酢漬けをお土産に購入、そしてアイスクリームを試しました、これが絶品(ただし日本よりかなりサイズ大きいです、二人で1個でちょうどいい感じ)。
d0257405_08443253.jpg
外観はちょっとした雑貨屋さんみたいです。店番のお兄さんが親切で、あれこれ試食させてくれますよ。

道草しながらIvan Dolacに到着すると、やっぱり待ってました、美しすぎるアドリア海。

d0257405_08560335.jpg
フヴァル島はどこでも海はきれいですが、その中でもIvan Dolacは最も美しいことで有名だそう。

この日のお宿は苫屋さん。とても家庭的な小さな民宿です。
色々動き回ってかなり疲れましたが、やっぱりフヴァルの夏休みは最高です。



[PR]
# by vienna-apfel | 2017-07-09 08:40 | クロアチアの夏休み | Comments(0)

夏休みの始まりは

昨年はイスタンブール経由で往復を予約しましたが、復路はトルコのクーデターに巻き込まれ、面倒なことになりました。。。103.png

結局ウィーン経由で帰国できたしトルコ航空は払い戻しに応じてくれたのですが、やっぱりドキドキでした。
今年は往路はトルコ経由、復路はコペンハーゲン経由ということで、ちょっと割高ではありますが、別々にフライトを購入。

往路は成田を22時くらいに発つ便で、イスタンブールまでひとっ飛び。
夜の成田空港は何もないので、品川発のNEXの中でお弁当とビール167.png、これで夏休みの始まりです!
イスタンブール着は現地の4時前なのですが、なんとお店も結構開いていてカフェしたりできます。

今回の往路は結構タフです。
成田→イスタンブール→ザグレブ→スプリット→高速フェリーに乗り換えフヴァル島へ。これを30時間で行います!!

そうして、金曜夜に東京を出発し、土曜(現地)夕方にはフヴァル島でひと段落。


d0257405_09294247.jpg
夕方でも太陽がいっぱい!

この日は疲れていたので、老舗ビストロのユニオールへ。ここは派手さはないですが、シンプルにクロアチア料理を出してくれる、安心できるお店です。

まずは、定番タコサラダ!
d0257405_09243825.jpg
調理実習みたいなシンプルな銀のお皿に、サラダたっぷり。

そしてお店のおすすめ、エビのブザーラ(オイル煮)は、トマトがしっかり、いい仕事してます!
d0257405_09251889.jpg
見た目よりもあっさりなので、パクパクいけちゃいます。

そして、シメはイカスミのリゾット!
d0257405_09253812.jpg

あまりフォトジェニックではないですが、このダシの効いたリゾット、あっさりだけどコクがあって、本当に美味しいのですよ。

この後は散策して、お部屋に帰って爆睡(笑)
d0257405_09255963.jpg
これまではウィーン経由でも来れたのですが、オーストリア航空が日本から撤退し(中国にシフト)、クロアチアはやっぱり遠い国のまま。
日本人も随分減って、中国や韓国のお客様多い印象です。。。


[PR]
# by vienna-apfel | 2017-07-08 01:21 | クロアチアの夏休み | Comments(2)

夏休み!

今年も夏休みはクロアチアへ!
7日の七夕に、トルコ航空の夜便にてイスタンブールへ。昨年は散々な目にあったイスタンブール経由ですが、今年は往路と復路を別々に購入したので、イスタンブールは片道だけ。

成田から13時間弱、イスタンブールは24時間営業なのでお店も結構賑わっています。イスタンブールからクロアチアの首都ザグレブへ、そしてそこからクロアチア航空に乗り換えスプリットへ、そしてそこから高速フェリーにて、やっとフヴァル島へ到着!

東京を発ってから30時間、遠かった103.png

でもこの景色が待っててくれるから、やっぱり来ちゃいます。

旅の日記はぼちぼちと。
d0257405_13472295.jpg

[PR]
# by vienna-apfel | 2017-07-07 13:45 | クロアチアの夏休み | Comments(0)

バレエについて

先日、上野の東京文化会館にて、ボリショイバレエの公演に行って来ました!

d0257405_09124166.jpg
この日は初日、演目はジゼルです162.png
体の弱い村娘が変装した伯爵と恋に落ち、彼の身分がバレて(おまけに相手に婚約者までおり)、ショックで死んでしまう。
死後、精霊となって自分を裏切った相手を守る、というロマンチックなストーリーですが。。。

ま、解釈は色々として、村娘の可愛らしさと音楽の軽やかさ、恋する乙女の気持ちを存分に味わえる演目ではあります。
バレエは観るのも踊るのも好きです113.png

子供の頃の習い事、やってみたいものは両親はほとんど試させてくれましたが、私自身あまり長続きせず。。。
好きだったのはピアノと水泳。これは今でも好きです109.png
京都で母とゆっくり話していて、「そういえばバレエはやりたいって言わなかったわね」と母の一言。
そうだったんだ!(笑) 記憶はありませんが。。。時計を40年巻き戻しできるならば、バレエ習ってみたかった。

ボリショイといえば、以前、大人のためのバレエツアーに参加した際に、ボリショイバレエ学校のレッスンを体験できる企画がありました。

こちら、教室の一つです。劇場を意識した作りになっているので、なんと床が傾斜した作りになってるんです!そして斜め床で立つのが難しい!

d0257405_09112564.jpg

各国から留学生が来ていましたが、国立なので費用はあまりかからないとのこと。
日本からの留学生もたくさんいました!

寮も併設なので、食堂があります。この日のメニューが張り出されてました。

d0257405_09104351.jpg
おまけのエルミタージュ美術館。

d0257405_09120558.jpg
日本だと、バレエダンサーだけで生活していくのは大変と聞きます。
ロシアは国家そのものが、バレエという芸術をサポートしているのですね。


[PR]
# by vienna-apfel | 2017-06-24 09:26 | 日々のあれこれ | Comments(2)

京野菜にこだわるイタリアン


東京から2時間ちょっとで着く京都。
ランチはせっかくなので、京野菜を存分に活かしたイタリアンへ行ってみました。

祇園白川のコテコテな観光地にありますが、町家を改造した、静かな一軒家の「オラエ」へ。

d0257405_07502942.jpg
入り口は和食屋さんみたいなつくりです。

ランチはコースですが、軽めで上品なボリュームです。前菜は季節の盛り合わせで、サーモンにかかっているのはなんとイチゴのソース!
甘酸っぱくて、美味しい111.png

d0257405_07510250.jpg


前菜のバーニャカウダは、こだわりのお野菜たち。
色の濃いお野菜は近郊の農家さんからだそうです。お野菜はお代わり自由!
紫のにんじんが、私のツボにぴったりでした!

d0257405_07512951.jpg

そして、季節のパスタは満願寺とうがらしのトマトソース。
d0257405_07514658.jpg
これ、ものすごーく甘いとうがらしなんです!野菜が濃厚なので、こんなにシンプルでもたべごたえバッチリ。

メインのお魚は撮り忘れ(笑)
デザートは可愛い一皿。京都らしく、濃いめのお茶のアイスクリームでした。
d0257405_07520433.jpg




[PR]
# by vienna-apfel | 2017-06-23 08:02 | Travel | Comments(0)

中欧での夏休み、美味しいものや楽しいひととき、日々の徒然をつづったひとりごとです。2013年から2015年の秋まで香港で働いていました。現在は日本に帰国し、マイペースで暮らしています。


by vienna-apfel
画像一覧