アルフォンス・ミュシャ展へ 


前から行きたかった、ミュシャ展。
チェコのアールヌーボーの画家の絵が六本木に来てます!

d0257405_08584563.jpg

初公開のスラヴ叙事詩は想定よりも大きな絵画で、圧倒される美しさ。

館内は一部を除き撮影禁止です。一つ一つの絵が大きいので少し離れたところからゆっくり鑑賞するのがいいかもしれません。

こちらは撮影OKな絵の一部。
d0257405_09014660.jpg
ミュシャの作品で唯一ロシアを描いたものだそう。

遠くに玉ねぎドームが見えますね。

d0257405_09020556.jpg
こちらは故郷の村。

なんとなく、普通の村人の生活の風景です。
繊細な優しい画風なので、人気があるのも納得。ただしものすごーく混んでいました!




[PR]
# by vienna-apfel | 2017-05-20 08:57 | 日々のあれこれ | Comments(0)

やっぱりお蕎麦

弾丸パリ旅行から戻り、東京は暑い!

ホテルからドゴール空港までは余裕を持って着いたのですが、なんと空港のセキュリティ強化のためか、パスポートコントロールを抜けるまでに2時間近くかかりました。ゲートでは搭乗が始まっており、走る走る!でなんとか無事に着席。

成田に到着、そして無事に家につき、お土産も無事を確認!110.png 何しろチーズやアスパラ、バターやらをいっぱいスーツケースに詰め込んだので。。。

ランチはシンプルなおろしそば。バベルの塔風に、バベル盛り!127.png

d0257405_08554853.jpg
あーパリもいいけど、やっぱり東京はいいな、と思った平和な土曜日でした。

[PR]
# by vienna-apfel | 2017-05-07 08:55 | 日々のあれこれ | Comments(0)

Les 11 des Teillevent ・・・パリのワインバーにて

お友達から教えてもらった、名店タイユヴァンのカジュアル路線のお店、Les 110 des Teilleventへ行って来ました。ホテルからメトロで一本、便利です!

このお店のコンセプトは、お料理に合うワインのセレクションをお値段レンジごとに勧めてくれるというもの。予約してから行きましたが、当日気軽に入ってカウンターでワインを楽しむお客さんも結構いました。

まずはこの日のおすすめシャンパン。サービスの女性がとても気さくで、お店をどうやって知ったの?と聞かれたので、お友達からすごく美味しいからお勧めされたと答えると、すっごく嬉しそうでした101.png

グラスにシャンパンの名前(名札?)が付いているので、何を飲んだのかわかりますよー。
d0257405_08471229.jpg

私は前菜にカニをたっぷりと使ったカクテルをいただきました。
ものすごーく濃厚!

d0257405_08473660.jpg
前菜で結構ボリュームもありますが、メインは仔牛肉のリードヴォーをチョイス。

ちょっと脳みそ?みたいでフォトジェニックではありませんが(笑)
d0257405_08520511.jpg
見た目と違い、ものすごーく柔らかで、白身魚のムニエルのような食感です。
こんなに美味しいリードヴォー、久々にいただきました!

グラスで少しずつ異なるワインを楽しみ、おしゃべりして、気づけば店内は満席!
オーナーらしき男性がテーブルの一つ一つに声をかけてくださいます。

d0257405_08522773.jpg
4種類ずつ、美味しく楽しく111.png

さてさてパリの夜も更けていきます。

[PR]
# by vienna-apfel | 2017-05-05 08:45 | Travel | Comments(0)

フェルメール展へ

今回のパリ弾丸訪問の目的は、ルーブルのフェルメール展でした。

現存する35点のうち、12点がルーブルの臨時展覧会で公開されています。事前にオンライン予約をし、朝9時の開館と同時にフェルメール展へGo!したのですが、ものすごい混雑。。。103.png

d0257405_09075656.jpg
フェルメールの絵は繊細で可愛らしいので、ファンが多いのも納得。

ルーベンスのようなドッカーン!系の大きな絵でなく、個人の自宅にひっそりと飾られているような、小さな額縁に彩られるような作品が多いです。

もちろん、常設展は最高に素晴らしく、一日中いても足りないくらい。
モナリザやダビンチなど、名画の周りは黒山の人だかり(笑)でもオランダ絵画のあたりは人も少なく、じっくりと鑑賞することができます。

日本になかなか来てくれないレンブラント。こんなに間近でゆっくり鑑賞できるのは幸せ!

d0257405_09135814.jpg
この日はお天気が今ひとつで寒かったので、1日ゆっくりルーブルで過ごし、一休みしてから夕食へ。
何年か前に友達と来た、オーヴェルニュ地方のどっしり系ごはんです!

お店の人がおすすめしてくれた、田舎のワイン。澱が結構あるので、デキャンタで出してくれました。
写真がイマイチですが、味は田舎のぶどうのワイン、というか土の香りがします。華やかさはないけれど、地元のサラダとぴったりな感じです。

d0257405_09161278.jpg

こちらが、昔ながらのレシピで作成する、豆サラダ。ワインとの相性ぴったり!
ハーブがすごく効いているので土っぽいワインにも負けてません。
d0257405_09181552.jpg
私はこの時期のおすすめ、緑のアスパラガス!
アスパラガ5本入って、一人分です!酸味のあるバルサミコのソースで、ペロリと完食!
d0257405_09194497.jpg
そして、この日のメインは、ラム肉のソテーにアリゴという名物マッシュポテトを添えたもの。
d0257405_09200272.jpg
じゃがいもとチーズ、ニンニクが効いた、こってりしたポテトクリームですが、お店の人が目の前でびよよーん!って伸ばして見せてくれてから、
お皿に盛られてサーブされます。

オーヴェルニュは山岳地方なので、肉類がとても美味しく、フランスの食文化の豊かさを改めて感じました。
お腹いっぱいになったら、メトロに乗ってホテルへ帰ります!


[PR]
# by vienna-apfel | 2017-05-04 09:07 | Travel | Comments(0)

早春のパリへ

今年の連休は、急に決めたパリ旅行へ。

連休の週末を避けて格安のチケットを購入、久々の成田発着エールフランス便です。
現地に夕方着、ロワジーバスにてパリ市内へ。ホテルまでスーツケースをガラガラ引いて、長い旅の1日目は終了。
到着した日はメーデーのため、物々しい雰囲気で警官がいっぱい。。。大統領選を控え、なんとなく緊張感。
この日は時差でボケボケのため、夕食もそこそこに早めに就寝です105.png

翌朝はすっきり元気で、早朝からオープンしているバンドーム広場近くのメゾン・カイザーへ。
パリの朝は遅く、早朝に開いているカフェは貴重です。

たっぷりのコーヒーに、クロワッサン、ショコラ、りんごのペーストの入ったペストリー。
d0257405_07382215.jpg
パリに来たのは2年ぶり、夫は6年ぶりなのでした。午前中は、それぞれに別行動、私は前回と同じくマレ地区のバレエスタジオへ。

d0257405_07433521.jpg
古い建物を改造しているのですが、大学の教室のような造りになっています。先生はフランス人のおじいちゃん、レッスンはフランス語ですが、なんとなく身振りでわかるのが不思議。バレエには国境がないのですね。。。

この日、私以外にも現地在住の日本人の生徒さんがおり、先生はたまに日本語で指導!「かかと!前!上がる!」と日本語が飛びます110.png
ノリノリで笑いがいっぱい、楽しいクラスです!

d0257405_07481560.jpg
結構広々したスタジオで、窓からはポンピドゥセンターが見えます。生演奏のピアノに合わせて20人くらいの参加者がレッスンしていました。
日差しが入ると気持ちよくて、楽しく汗をかくことできました!

しっかり体を動かしたら、美味しいランチへ。
L'Ecluseのテラス席へ。ちょっと肌寒いくらいですが、やっぱりテラスが気持ち良い季節です。

d0257405_07474941.jpg

前菜のチコリとナッツのサラダは二人でシェアして十分なサイズです。
ペコリーノチーズがたっぷりで、あっさりだけれど濃厚な味。

私はスモークサーモンをいただきました!ワインはお店のお兄さんが選んでくれた、ミディアムなボルドーがぴったり。
d0257405_07550656.jpg
そしてこのお店に来たら絶対食べたいのが、牛肉のタルタル!

d0257405_07544664.jpg
たっぷりのグリーンサラダとポテト。

お昼からかなりいい気分です!


[PR]
# by vienna-apfel | 2017-05-01 07:36 | Travel | Comments(0)

中欧での夏休み、美味しいものや楽しいひととき、日々の徒然をつづったひとりごとです。2013年から2015年の秋まで香港で働いていました。現在は日本に帰国し、マイペースで暮らしています。


by vienna-apfel
画像一覧